FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと


今回のレースレポートは心拍データを中心に自己分析した内容と私自身の今シーズンの夏場の乗り切り方についてを綴りたいと思います。
まず上のグラフは今回の富山新港大会の心拍数データです。
スイム、バイク、ラン通しの平均心拍数は170bpmでした。


一方、下のグラフは7月6日に開催されたあやはし大会の推移です。この時の3種目通しの平均心拍数は176bpmでした。



あやはし大会と富山大会のレースコンディション(水温、気温、風)はほぼ同一条件だったことから考えると最終ランでの心拍の推移に違いがあることがはっきりと見て取れます。


今回の心拍数の推移から読み取れた事。

それは夏のレースに慣れてきたことで心拍数の変動に影響を及ぼしているのということです。ランのタイムは富山の方が3分近く早いのに心拍数は5%程度下がっているのです。
この変化は就寝中のエアコンに頼らない生活に変えたことも一因になっているかもしれません。

これまでの私は、
夏場になると休日には猛暑の中でも長時間の練習を実施してきたことが多く、毎日といっていい程エアコンを効かせで寝るパターンでした。
これで筋肉の状態はエアコンの影響で硬くなるし疲労も抜けにくくなってしまっていた訳です。実際に過去2年間夏場から秋かけて故障(06年は左足ハムス断裂、07年は右足ハムス断裂)を経験しているのです。

同じような失敗はを3度しては情けない。

何か変わったアプローチで取り組みたい。その答えが夏場の練習量を抑えつつ、ショートレースの場数を踏むことでした。

そして下記の内容を意識し続けています。

1.短時間でメリハリをつける練習方法に完全にシフト。
2.練習メニューは臨機応変で対応し、疲れを長く引きずらさない様心がける。
3.自分を追い込む事(折れない心を常に持ち続けられる精神力)をショートタイプのレースで実践する。
4.レースだと気が抜けないから練習としての効果が必ず現れると信じる。
5.レース後はしっかりとケアし短時間でもコンディションを整える方法を模索する
6.弱点克服のための補強運動にも力を注ぐ。

上記のような想いでこの夏場の練習とレースは私が今シーズンで得ようとしていた事が少しずつではありますが物になってきていると感じています。


レースや練習を通じ、そして失敗から何かを“感じ取る”
このことがスポーツの世界でもPDCAを回すきっかけになると思います。


今日の写真;心拍数より
今日の練習:ストレッチ45分 エアロバイク40分 スイム500m
関連記事
スポンサーサイト



コメント

かいかいさんへ

かいかいさん
そうなんですよね。夏場の長時間の練習は根性を鍛えるのにもってこいですが、
やっぱり疲労が蓄積しやすいと思います。
なので私はちょっと今年は違うメニューで乗り切ろうとしています。
長時間しない分、時間を有効に使っていきたいと思っています。^^

Natural大好きさんへ

すみません。電器メーカーに勤務のこうたんですからね。。^^:
PDCAとはこんなのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/PDCA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB" target=_blank>http://ja.wikipedia.org/wiki/PDCA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB

以下抜粋です。^^v

PDCAサイクルという名称は、サイクルを構成する次の4段階の頭文字をつなげたものである。

Plan (計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。
Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う。
Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する。
Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする。

ビジネスシーンにおいては、このPDCAサイクルを生産工程だけでなく汎用化させ、「仕事の基本」を表すためにも用いることが多い。


鉄さんへ^^

鉄さん
私もそのアニメ見てましたし、うさぎ跳びと水飲むなはたっぷり経験済みです。。^^:
鉄さんの背中を少しでも追いかけられるようになるには、”考える“事が重要だと思っています。この年齢では飛躍的なパフォーマンスアップは不可能ですからね。。考えながらこつこつを大切にしていきたいです。

夏の練習

 真夏の練習は根性を鍛える云々ではなく、本当に芯から体力を奪っていきますね。
 いかに短い時間でパフォーマンスを上げるか。
 練習以外の時間の過ごし方も大きく関わってくるんですね。

Unknown

PDCAってなんですか・・・。

緻密な計画。。

こうたんさんのトレーニングは、まさしく科学的なトレーニングの域に達していますね。私など細かくプランを立てて実践できる性格ではありません。

まだまだ、昔の根性論”巨人の星””柔道一直線”から脱皮出来ません。
「ウサギ跳び」や「水を飲むな」は、もう取り入れていませんが・・・。
平成生まれの人達には、「何のこっちゃ」。と言われそうですね。。

こうたんさんの意識付け1~6を実践出来れば、当方も少しはこうたんさんに近づけそうです。少し頑張ってみます!!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ