FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

今日のひとりごとは先日都大路を駆け抜けた全国高校駅伝大会の記事を見て想ったことを綴りたい。

この白黒写真は滋賀県の代表校草津東の1区から2区へのタスキ受け渡しの瞬間である。
この一枚の写真を見て、
単細胞の私は胸が熱くなり涙腺が緩んでしまったのである。

”この写真にはドラマがある”

初出場を果たした草津東高校、1区のエースの選手が本来の力を発揮できず39位
でタスキを渡すシーン。ゆがんだ顔は力を発揮出来なかったものの死に物狂いで
走り通し2区にタスキを渡そうとしているドラマである。。

二つ目はそのエースが2区の選手に”すまない後を頼む”と言わんばかりに背中
をたたこうとしているシーンである。
駅伝の真骨頂がひしひしと伝わってくる。

三つ目は2区の選手が微笑みながらタスキを受け取るシーン。
この微笑みは本来の力を出し切れなかったエースに対する”ねぎらい”と”これ
から走る自分を見ていてくれ”という自信が自然に出ているようなシーンに感じる。2区の選手の目は完全に戦闘モードに入っている。既に走っている他校の後ろ姿を目標物にしているように思えるのである。

この2区を走った選手。実は彼が小学6年生の時に私が土山マラソンに出た時、応援に来てくれた子である。
その彼が今は滋賀の代表選手となり、このようにスナップショットになるまで成
長しているのだ。うれしいものである。

優勝したチームは確かにすばらしいドラマを展開してくれた。
しかし優勝チームだけでなく、それぞれのチーム毎にドラマは必ずあったに違い
ない。

トライアスロンも優勝者だけでなく、選手一人一人に必ずドラマがある。
それぞれの目標が違っても、自分なりのドラマがあれば、それだけで自分なりの
ヒーローになれるのである。

今日この写真を思い出しながら、トレッドミルで17km走を実施した。


*この写真を見て私なりの感想です。感性が違えば見方も変わり伝わってくる内
容も変わるでしょう。みなさんはこの写真で何を想いますか?

今日の写真:全国高校駅伝 滋賀県代表草津東高校。
今日の練習:ウエイト30分 ラン17km(14km/h 14.5km/h 15km/hで各5km
      ラスト2kmはmax18km/hまで 
      スイム2000m(1000m連続1本 100m×10本(1分45秒サークル))
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ