FC2ブログ

TriathlonTeam「BigLake」


プロフィール


人生の楽園計画


カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


NULL


NALC


iondoctorspots


優しい手


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ひとりごと


今日は本日頂いたメールの紹介です。

この方は私が勤めている会社を昨年定年されて、現在は大阪大学大学院で技術経営の非常勤講師や社会人向けの技術者研修をされるかたわら、創造力を発揮する心理学として「フロー理論」を研究されている方です。
勿論現役のトライアスリートです。


ブログでの紹介を了承頂いているので、本文の一部をそのまま引用します。


「本日メールしたのは、トライアスロンを心理学から考えるというテーマで紹介したいと思います。
実はこの「フロー理論」がトライアスロンと大いに関連することがわかりました。

アスリートとフロー体験という中で、ゴールテープを切った瞬間「それは実に爽快な気分でした。

ゴール後もその気分が続き、ハイの状態のままでした。」
このような心理状態をフロー体験というそうです。
多分、宮古島を完走した人達は、皆フロー体験をしているのではないでしょうか。

私自身がそうでしたから。
また、フロー体験をした人間は、仕事でも同じように新たなことに挑戦し、フローを味わおうとすし、自己成長するそうです。

私自身のトライアスロン体験はまさしくフロー体験で、商品開発でも新しいことにチャレンジできました。

こんな話を学生達にして、これからの人生に挑戦していくことの大切さを伝えています。
ご参考までに本を紹介します。
本のタイトルは、『スポーツを楽しむ』世界思想社出版、キャッチタイトルは「アスリートたちが語る、フロー体験」です。本の中には、勿論、デイブ・スコットの言葉も載っています。
トライアスロンを心理学から考えるもの楽しいですよ。
宮古島大会申し込みました。60歳での完走が私の”夢”です。」



今日も私に元気を与えてくれたメールの紹介でした。

早速Amazonでポチっといっちゃいました。!


ランキングに左右されるのはここのバナーです。どうぞワンクリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



コメント

マックさんへ

マックさんへ
お久しぶりです!
いつもありがとうございます。
ポチっと行く前に本屋さんもいいですが、この本ないかもです。
アマゾンでは1ヶ月待ちです。。^^:

早く読んでみたい!!

キヨコさんへ

キヨコさんへ
へへへ。。その日記読みましたよん。^^:
12月のレースに向けて。何度もフロー体験してください。
私はキヨコさんとの練習以降はまったくフロー体験なしです。^^:

ちゅらさんへ

ちゅらさん
うんうん。いろんな角度からトライアスロンを眺めるのもいいね!
3種目どころではなくなってきたよ^^:

ハイビスカスさんへ

ハイビスカスさんへ
はいはい!
アマゾンからのメールでは11月の後半にしか入りそうにないですね。
残念。!! 首を長くして待つしかないです!^^:

鉄さんへ

鉄さん

すみません。今日は出張でした。明日メールします!^^v

フロー体験
そういえば、私も経験ありますね。

またこの話題でも盛り上がりそうですね。^^v


新たな目標を語り合い、モチベーションを高めていきましょう!

驕りは禁物。 私も言い聞かせてます!

お久しぶりです。

こうたんさん
お久しぶりです。
でも日記は毎日拝見してますよ。

さてさて興味が沸いてきますね。

私もポチっといきそうでしたが、とりあえず今日の帰りに本屋さんに行ってみます。

いい情報ありがとうございます。

わたくしも・・・

先日、数年ぶりに自主トレというものをやりました。その日は少々興奮気味で、疲れて眠いのに眠れませんでした。

80キロ一人で走っただけですのに。
レベル低~

いろんな角度から

トライアスロンを楽しむにはいろんなアプローチかありますね。 今度は心理学か また本の感想待ってますよ

興味あり!

こうたさん。
こんばんは!

今日もいい情報提供をありがとうございます。

私も早速ピチっといや、ポチっといきました。

ジックリ読んでみますね

その通り!

私のフロー体験は、第5回の宮古島大会で体験しました。
ゴールした夜は気分がハイの状態で眠れなかったことを覚えています。

トライアスロンは自分自身に大きな自信を待たせてくれる競技と言っても過言ではないでしょうね!!

凄い凄いと言われ、出来るからと言って、決しておごっていてはダメですよね。。

今でも自分に言い聞かせています!!




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 遅咲きアスリートのひとりごと (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ