2012年1月誕生TriathlonTeam       「BigLake」


プロフィール


カウンター


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

スポンサー・サプライヤー紹介


panaracer


大雄産業(株)様


on


CEEPO


金栄堂


PowerBar


Topspeed


PSI


HINOサイクル


株式会社ジェイ・エス


AthleteX


astavita


サクセススタイル


ORGANIQ


STYLEBIKE


SAYSKY


Run Design


FOOTMAX


TRAN


HUUB


2XU


サーウエスト宮古島


MaHaLo


rodica


ゆぴと農園


島ぞうりアート工房彫人


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。

FKKDE8489_20180219203543b09.jpg 



昨年の
9月復帰第一戦として出場する予定だったIRONMAN70.3重慶



だが、レース
1週間前に突如キャンセルとなり、代替のレースとして参加したのが11月のIRONMAN70.3厦門

 

これが今回の奇跡のきっかけとなる。

 



このレースで出会った方(アスリートでもある)は上海在住で、同じ滋賀県大津市出身の〇〇さんだった。


彼は運営のお手伝いをするために来ていたらしいが、もともとイベントスケジュールには無かった日本人向けの


競技説明会を、独自で資料を作りわざわざ開催してくれたのである。



驚きだった。説明会が終わった後、彼に御礼を伝えた。



(左に立っているのが彼)
IMG_7131_20180219203549b1b.jpg


翌日のレース当日、彼は応援に駆けつけてくれた。写真なども沢山撮ってくれた。

 


その後
FBを通じ友達となり、彼に9月の重慶のキャンセル料がいまだ支払われていない事を相談した。


すると彼は中国の
IRONMAN事務局にいる友人を通じ担当者を突き止め、最終的にアメリカ本部への調整を追跡し続けてくれたのである。



でも日はどんどん過ぎていった。

 


そうこうしているうちに彼が春節(2月15日(木)~ 2月21日(水)7連休)に入り帰国することとなった。

 



IMG_7211.jpg 



先日の
15日の午後、僕は彼に連絡をした。

 


「帰国されました?時間があえば是非会いましょう」

 


すると彼から「関空に到着しました。また日程調整しましょうね。楽しみにしてます」という返事が返ってきた。

 



そのやりとりから僅か5分

携帯に電話が鳴った。りそな銀行からだった。

 


りそな「ムロ〇さま、
WTCから約7万程の入金指示がありますが心当たりありますか?」

 


僕「はい。4カ月間待ち続けてました。」


りそな「承知しました。名前がコウジでなく、ケイジになってますが確認が取れましたし手続きを進めます」


僕「ありがとうございます。助かります」

 


その後、速攻で入金が確認出来た。

 


しかしなんというタイミングであろうか。



4カ月待ち続けていたのに、彼の帰国の日と入金の日が重なるとは。。。

 


ここ最近、奇跡が立て続けに起きている。
偶然かそれとも必然なのか。

 

彼と21日差しで会う事になった。


彼との再会が待ち遠しい

 

たっぷり御礼しなきゃね!

 


MBQYE4380.jpg



最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   




On























DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。





https://lumina-magazine.com/archives/news/6552

 



 

アンチKONAの方はスルーしてね~!



でも圧倒的に閲覧数は増えるKONAネタ。。。^^v 





ご存知の方も多いと思うがLUMINAからもうすぐ募集が始まるね。

 


竹谷さんが
3年かけて育成していくようだ。

 


どれくらいのレッスン料になるんだろう。。。。(驚)




 

僕の初KONAは2012

現在5回出場しているが、日本人の出場者数は2015年が最も多かったと記憶している


その数
80人弱。(間違っていたらごめんなさい)

 


ケアンスで日本人枠(
20スロット)があった2016年でも70人ちょいくらいだったはず。

 


KONA
に夢を抱いている日本人アスリートは山程いると思うが、自力でスロットを獲得するには

どの予選に出場するかを見極める事も重要なポイントになると思う。

 

 

現在チャイナの70.3シリーズのみKONAのスロットがある。


遠征が厄介かも知れないが、そこを乗り越えて出場することで
KONAが近づいてくる事もありうる。

 




また
10月のKONA決戦前後のレースは穴である事は間違いない。

 

そこを狙っていくのも一案である。

 


ヨーロッパやアメリカでのレースはレベルが高いと思われるが、
10月のKONA決戦前になってくるとチャンスもある。

 


また昨年のカナダもそのひとつだった。

日本人枠20スロットがあったにも関わらず、

日本人の参加者が少なかったことで初
KONAをゲットした方も多かった。

 

ただ今年も日本人専用枠は設定されるのか不透明だし


様子見している間に
SOLD OUTになってしまうレースもあるので注意が必要だ。




一方



チームメンバーでIRONMANを目指す人が増えてきた。


既にアメリカミシガンや韓国などにエントリーを済ませているらしい!


情報交換しながらモチベーションを維持していきたい所だ!!



最後に、今日は月例のランニング練習会。


寒い朝だったけど7人が集まってくれた。みんなお疲れ様でした!










最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   




On






















DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。

 IMG_1406.jpg





今日はメンタル面の変化について綴ってみたい。


この変化のきっかけはやはり昨年の心臓手術である。




1度ならまだしも2度の手術を受ける事となり、動けない日々に涙したこと。


そこからリハビリを経て練習を再開するも、


完全には取れ切れていない病と向き合っていく事を決めたこと。


そして僅か
3カ月で復帰戦を迎えるに至るまで、様々なことに気づかされたのである。




IMG_1430.jpg


その一端を紹介すると 

 


過去の栄光などを思い返しても何の意味もないことに気づけた事である。





 大切なのは



“今”


なんだと!



この気づきによりこれまで頼りにしていた過去の練習日誌の必要性がなくなった。

 


その日の体調次第で練習メニューを作っていくスタイルに変える事が出来たのである。

 

そして、その日の練習の目的を明確化することをより意識するようになったのだ。



規則正しい生活の中で食事、睡眠 練習、そしてケアに更に気をつかっていく。

 

55歳の節目も経験した僕にとって、


長くトライアスロンを続けるために何が必要なのかを常に意識しつつ
 




今シーズン笑顔で終えられる様、
11日積み上げていきたいと思う。






さて明日はチームの練習会だ。 


寒さをみんなで吹き飛ばしてこよう!



 

 IMG_0890_20180217201631de0.jpg




最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   




On























DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。





千葉県在住の
SYUNは今年20歳。



右がSYUN  (2016NZ)

IMG_6814.jpg

 

 

彼との出会いは2016年のIRONMANニュージーランドに遡る。

 



オークランド空港から元プロの堀さんのワゴンに乗り込み、
タウポに着くまでの4時間余り、


しゃべりたおしたのを覚えている。


関西風おやじギャクにも結構笑ってくれたので好感度もアップ。(笑)

 


このレースでは僕たちは
KONA行きを決めた。

 


そこから彼と行動を共にする事が多くなった。

 


IMG_6558_20180217073516f80.jpg 

IMG_6603_201802170735181dc.jpg 



2016
KONA 

20172度目のニュージーランド。

11月のXamen

 

2016年彼は最年少でKONAに挑む事となりパーティーで紹介されている。




モニターに注目
IMG_1223_20180217073514cd1.jpg 

IMG_1407.jpg 

IMG_1072.jpg


IMG_1121.jpg 




そして2017Xamenではエイジ優勝し今年のKONAを決めている。

 

10月のKONAも同じコンドで行動を共にする。


僕が押さえたコンドが良かっただけかもしれないが。。。。^^:



IMG_7165.jpg 



この若さでロングを主戦場にしている日本人はそういない。


なので、


既に相当数の企業からサポートを受けている。

 




そんな彼は来月、3年連続でIRONNMAN NZに出場する。


既に春休みに入っているので、この週末にオークランドに飛び、そこで最終調整しタウポに向かう。

 




彼は間違いなく昨年よりも格段と力をつけているはずだ。


レース当日は
PCに張り付いて応援しようと思っている。

 


 
*ちなみにBigLakeの一員でもある。。^^:

 


IMG_E7055_20180217073522576.jpg




最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   




On























DATE: CATEGORY:ひとりごと

にほんブログ村

  ↑  

是非1クリ応援よろしくお願い致します。


fc2blog_20180210085445ee2.jpg


 普段サラリーマンとして従事する傍ら、常に日本のトップエイジとして君臨し続けているかぼすくん


彼を知らないアスリートは“かぼす君”でググッてみてほしい。


宮古島大会ではプロ含めてトップテン入りを果たし、バラモンや皆生でも優勝経験を持つ優しさ溢れるアスリートである。

 


ここ2.3年は年に3レース程(バラモンエリート、皆生、佐渡日本選手権)しか出てないし、


ブログやFBも更新していないのは残念でならない。


ブログ村では長年上位をキープし、練習内容やスキルについても沢山綴ってくれていたからね。

 


そんな彼と久しぶりに再会出来た事は本当に嬉しかった。


以前と変わりなく優しさで溢れていた。


チームを率いる者として、


またこれまでの辛い練習を耐え結果を出してきた選手だからこそ
人にやさしく出来る、


故にかぼす君には自然に人が集まってくるのだと感じている。

 

 


で、

彼が毎週実施しているチーム練に飛び入り参加させてもらったのだが、


この時惜しみもなくワンポイントアドバイスをしてくれた。

 


水の抵抗を減らす方法のひとつに、「伸ばした腕の内側と頭に隙間を作らないように」と言われた。


これまで、利き腕の左は頭に当たる事を確認出来ていたのだが、右は全くだめな事がわかった。


 

頭の位置関係も悪いかもしれない。

また左ブレスのため右の肩や腕がすぐに下がっているのも一因かも。

 


キャッチアップや片腕スイムなどの練習もしっかりと取り入れてみよう。

 


スイムはまだまだ改良の余地あり。
そう信じて練習と向き合っていこうと思う。

 

かぼす君ありがとう。

そしてこの場を提供してくれた園くんに感謝!!


fc2blog_20180210085504947.jpg



最後まで読んで頂きありがとうございました。1クリ是非お願いします。

  ↓1クリ 1クリ



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

   




On























copyright © 2018 遅咲きアスリートのひとりごと  (40歳からの挑戦) all rights reserved.Powered by FC2ブログ